光脱毛でツルスベ肌になろう!脱毛期間中のケア方法や注意点をチェック!

女の子が何かを伝える脱毛期間中のケア方法や注意点はしっかり押さえていますか?

より脱毛効果を高めるには必要な知識です。

せっかく脱毛をするなら、より効果を得たいものですよね。

光脱毛の注意点は、初めのカウンセリング必ずサロンから説明がありますが、意外とみんな忘れがち。

脱毛期間中のケア方法と、覚えておいてほしい注意点を併せてご紹介します。

脱毛期間中のケア方法

脱毛期間中の自己処理は電動シェーバーがオススメ!

光脱毛を始めたら、即自己処理が要らなくなるくらい毛が生えなくなるわけではないですよね。

毛は脱毛回数を重ねるごとに生えなくなり、毛量も減っていきますから自己処理は必要になってきます。

そんな時に使用してほしいのが電動シェーバーです。

ただ、やはり肌の事を考えると自己処理はしない方がいいにこしたことはありません。

カミソリや毛抜き、ワックスなどの自己処理は肌に負担が大きいため、肌が硬くなり、生えてくるはずだった毛が皮膚の下に埋まってしまう「埋没毛」なども引き起こします。

埋没毛に脱毛照射をしてしまうとその部分がシミになってしまう可能性があるため気をつけなければなりません。

電動シェーバーは肌に負担をかけず毛のみを処理することができるので、そのリスクを避けることができます。

もし埋没毛になってしまったら?

万が一埋没毛になってしまった場合は、スクラブなどを使って優しくこすり洗いをし、毛を外に出しましょう。なかにはピンセットで毛を引っ張りだす人もいるようです。この方法はあまり推奨はできませんが、キズが多少なりともできるので軟膏などを塗ってケアをしましょう。

保湿はマスト!

脱毛前後の保湿はマスト!とくに脱毛前に保湿することをオススメします。肌の水分量が高いと、脱毛時におけるヤケドなどの肌トラブルも回避できますし、光脱毛の照射の熱もうまくいきわたりやすくなるので脱毛効果もグンと上がります。

逆に肌が乾燥した状態だと熱が分散されてしまい、脱毛効果が下がりますので事前のケアは必要です。

保湿剤はオイルフリーのものを選びましょう。オイルは毛穴に詰まってしまうため、毛穴が詰まってしまうことも脱毛効果が下がる原因になります。

保湿剤はローションなどオイルが含まれていない保湿剤を使用しましょう。

脱毛後も肌が乾燥しやすくなるのでケアが必要です。

脱毛に満足したい方はこのようなケアを心がける事で良い結果をもたらすことができます。

光脱毛の注意点

お風呂につからない

脱毛後はお風呂につからないようにしましょう。脱毛をすると熱が体にこもるので、お風呂につかるとより熱が体にこもってしまいます。体に熱がこもってしまうと肌に赤みが出たりブツブツができる原因となるのです。

お酒は飲まない

脱毛の前後はお酒もNG。お酒を飲むと血行が良くなりますね。その状態で脱毛をすると、より熱を感じてしまうため痛みが強く出てしまいます。また、お酒を飲むと脱水状態になるので肌も乾燥しやすくなり、脱毛効果も下げる原因にも。こちらも赤みやブツブツといった肌トラブルに見舞われる可能性が高くなってしまいます。

激しい運動や、マッサージなども控える

こちらも血行が良くなってしまうものです。血行が良くなる行為を脱毛前後に行ってしまうと施術中に強く痛みが出たり、肌トラブルの原因になります。

日焼け厳禁

日焼け直後の肌は敏感になっていて肌トラブルの原因になってしまうため、脱毛する事ができません。また脱毛直後も肌が敏感になっているので日焼けを防ぐようにしましょう。脱毛後の日焼けも肌トラブルを招く可能性があります。

ストップ看板

脱毛施術前後は、基本的に血行が良くなる、体に熱をこもらせるような行為は避けた方が良いですね。

脱毛期間中はケアをしているかしていないかで、脱毛の結果が大きく変わってきます!

肌のコンディションを高める事でより光脱毛の効果が上がりますし、肌トラブルも防ぐ事ができるのです。

また、注意点をしっかり守ることもトラブル回避になりますので意識できるようにしましょう。