アナタは知ってた?毛周期~脱毛の仕組みまで!脱毛成功のカギは仕組みを知ること!

ペンを持って勉強する女性

みなさんは毛周期の事はご存じですか?

光脱毛などの脱毛は毛周期との関係が密接です。

「知っているけど、何となく」

「脱毛さえできればいいから、そこまでは興味ない」

という方も多いでしょう。

実は光脱毛にも種類があり、脱毛法によって脱毛の作用や効果も異なるのです。

毛周期の知識があれば、脱毛法の違いが分かるようになり、脱毛サロンごとの特色を知る事ができます。

どの脱毛法を採用しているかはサロンによって様々です。

毛周期を詳しく知ると自分が行くべきサロンが明確にすることができるので、サロン選びに迷わなくなり、満足のいく結果を得る事ができます。

では、毛周期について掘り下げていきたいと思います。

毛周期って?

毛周期とは毛が生え変わるサイクルの事です。

毛周期について

毛周期には 成長初期、成長後期、退行期、休止期とあり、

いわゆるムダ毛と呼ばれる部分はこれを一巡するのに2~3か月かかるので、毛周期は2~3カ月という事になります。

成長初期に毛根から毛が伸び始め、成長後期には毛穴から肌へ飛び出していきます。

退行期に入ると毛根から毛が離れた状態へ。

休止期はすっかり毛が抜け落ちた状態になり、次の発毛までの準備期間に入ります。

基本的な光脱毛はこのサイクルに合わせて施術をしなければ効果は出ません。光脱毛の脱毛スパンは2~3か月に1回が主流なのはそのためです。

毛周期に合わせなくてもいい光脱毛もある

本来は2~3カ月に1度の施術があたりまえでした。

ですが、今新しく登場している脱毛法がその常識を打ち破っています。

毛周期に左右されない脱毛法、SHR脱毛といいます。

毛の成長段階がどんな状態であっても効果を得る事ができるので、2~3か月に1回の脱毛間隔が1か月に1~2回にまで短縮することが可能になりました。

脱毛までの仕組みは脱毛法によって違う

毛周期に合わせる脱毛法は、IPL法、SSC法と呼ばれます。この二つは毛根のメラニンに光を反応させ、毛根にダメージを与える事で脱毛効果を発揮します。毛根と毛が繋がっている「成長初期」「成長後期」の毛でなければ毛根にダメージを与える事ができないため、退行期や休止期に入っている毛に照射をしても脱毛効果がありません。

成長期の毛は体毛の10%~20%で、1度の施術におけるムダ毛への効果も同じ割合になります。毛周期に合わせ10%~20%の毛根に対してダメージを与えていくため、脱毛完了まで2~3年の期間が必要になります。

毛周期に合わせなくても脱毛ができるSHR法は、毛根にダメージを与えるのではなく、毛包と呼ばれる器官に向けて光の熱を照射します。そうすると毛包の中の「バルジ領域」という、毛の成長因子を作りだす細胞にダメージを与える事ができ、毛を根本から生えなくしていく事ができるのです。

バルジ領域

バルジ領域は毛の成長に関わらず存在する細胞なので、SHR法は毛の成長段階に関わらず脱もうする事ができます。ということは毛周期に合わせなくても脱毛が可能という事にもなり、本来2~3か月に1回だった脱毛スパンが1カ月に1~2回と短縮することができました。
脱毛できる頻度が短くなったため、2~3年かかっていた脱毛が1年以下で完了してしまいます。

IPL法やSSC法はメラニン色素に反応するため、メラニン成分が少ない産毛などには熱が充分に伝わらず、脱毛効果がありませんでした。

SHR法はダメージを与える対象がバルジ領域なので、産毛であっても脱毛効果が高く事人気を集めています。
IPL法やSSC法は直接毛根にダメージを与えるので、施術から数日経つとスルスル毛が抜けていきます。よって脱毛効果を実感するまでは早いです。ですが次に脱毛するまで2.3カ月開けなくてはいけませんから

脱毛完了まで急いでいない
濃い毛のみ脱毛したい

という方は、IPL法やSSC法の脱毛も良いですね。

SHR法は発毛因子を作る細胞にダメージを与えるので、効果の感じ方はゆっくり。今生えている毛に直接影響を与えるのではなく、次に生えてくるものに対して抑毛効果があります。施術を繰り返すことにより、毛をどんどん生えなくしていくのです。

脱毛を早く完了させたい
濃い毛から産毛までまんべんなく脱毛したい

という方はSHR法の脱毛方式が合っています。

サロンを決める前に、そのサロンが採用している脱毛方法をチェックしてみましょう。

毛周期を知り、そこから脱毛の仕組みを紐解く事でアナタのニーズに合った脱毛法を実践しているサロンが分かります。

それこそが脱毛成功の大きなカギとなるのです。