沖縄女子の美活パート2!VIOの脱毛はお済みですか?

ビキニを着て海にいる女性
みなさんはVIO(デリケートゾーン)の毛の処理をどうしていますか?

現在日本人女性で4割、海外女性では8割もの人がデリケートゾーンのケアをしていると言われています。

海外ではもはや当たり前のデリケートゾーンの毛のケアですが、日本でもその考えが浸透してきていて、今後もデリケートゾーンの毛の処理をする人は増えていくことでしょう。

美活女子にとってもデリケートゾーン(VIOライン)の毛の処理は必須要項ですよね。

毛量が多い沖縄女性はデリケートゾーンの悩みも絶えません。

「この毛どうにかならないかな・・。」

と大体の人が思っています。

かといって自己処理が難しいのがデリケートゾーンの毛です。

カミソリで剃ったらジョリジョリしてかなり不快感があります。ピンセットで抜くのも痛すぎて言語道断ですよね。

自己処理以外のデリケートゾーンの毛のケアとして挙げられるのが

光脱毛
医療レーザー脱毛
ブラジリアンワックス

などがあります。

「VIOの脱毛はすごく痛い」

というイメージが強くあり、ケアを躊躇してしまう人も少なくありません。

美意識の高い美活女子はどうしてデリケートゾーンのケアを頑張れるのでしょうか?

それはメリットが多くあるからなんですね。

具体的に、どのようなメリットがあるのかみていきましょう。

臭いやムレを軽減

デリケートゾーンの毛はムレや臭いなどの原因となります。VIOのムダ毛を減らしたり無くしたりすることでムレや臭いが解消されます。毛が多いと毛に色んな細菌や付着物がつき不衛生でもあることから、デリケートゾーンの処理はエチケットとされている国が多いです。

水着や可愛い下着も着こなせる

沖縄は海も近くにあり、水着などを着る機会も多くあります。デリケートゾーンのムダ毛の処理をする事で水着を着る時も気を使わなくて良いので便利です。また、布の面積が狭い可愛い下着なども毛がはみ出さず着こなす事ができるでしょう。
美活女子にとって喜ばしい限りです。

男性からの好感度も上がる

はやしっぱなしのデリケートゾーンよりも、ある程度整えられている方が男性側からしても喜ばれます。海外男性であればデリケートゾーンは無毛が好まれ、日本人男性であればすべて処理せずに少しヘアを残していた方が好感度は高いです。

デリケートゾーンがキレイだと女性としての自信もつきますよね。

VIO脱毛は、好きな形にする事もできます。

トライアングル(逆三角)
Vラインを逆三角形に整えた形

Iライン(縦長)
縦のラインに整えた形

ナチュラル
形にこだわらず、毛量のみ減らす。

オーバル(卵型)
Vゾーンを丸く整えた形。

ハイジニーナ(全処理)
毛をすべて脱毛。

やはり日本人受けがいいのはある程度毛を残した形です。ハイジニーナは「攻めすぎ!」と思ってしまう人も少なくないよう。

ただ海外男性とお付き合いをする人が多い沖縄女性。あちらの文化に合わせると、やはりハイジニーナが好まれるようです。処理をしていないとビックリされることもあるようですよ。

デリケートゾーンにオススメの脱毛法

VIO脱毛で最近人気を集めている方法が、最新光脱毛のSHR脱毛。

VIOの脱毛は痛みが強いというイメージを持っている人がかなりいると思います。

VIOゾーンは皮膚も薄く、敏感な箇所だけに痛みの覚悟は必要ですが、SHR脱毛であれば痛みがかなり軽減されます。

従来の光脱毛や医療レーザー、ブラジリアンワックスなどは痛みが強くて大変でした。

SHR脱毛はその痛みに耐えられず脱毛を諦めてしまった人や、VIO脱毛初心者に痛みの少ないSHR脱毛は今人気を集めています。

ビーチにサンダルと麦わら帽子
デリケートゾーンはキレイにケアをしていて損はナシ。普段見えていない所のケアをしてこそ、女性の魅力は輝くと思います。

沖縄の美活女子のみなさん頑張りましょう♪